テーマ:湘南高校

迷って、金福寺に行った

  蒲公(たんぽぽ)の黄に薺(なづな)のしろう咲(さき)たる といえば、誰の何か、知る人はすぐに分かる。高校二年の時、担当の先生が何かの理由で休んで、同じ学年担当の別の先生が来て教えてくれた詩の一行だ。次の行は、   見る人ぞなき その先生は黒板にこの「北寿老仙をいたむ」という詩を何も見ずに記憶のままに書き、言…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヘンデルの「ラルゴ」あるいは「なつかしい木蔭(Ombra mai fu)」

 ヘンデルの「なつかしい木蔭」(Ombra mai fu)もしくは「ラルゴ」として知られるあの曲。それをどう分析できるというわけでもないが、それをキャスリーン・フェリアーの歌で聞いたのはもう四年も前のことだ。フェリアーは、昔、姉を亡くしてからの日々、そのブラームスの曲などが心深くまで届いていたことがあった。それで四年前、たまたま新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more