テーマ:紅葉

《秋を表現するためには》

 秋を表現するためには紅葉した木や木の葉を見せるのが一番手っ取り早い。というよりも、これはそもそも木の葉の紅葉によって秋を感じる人が多いということなのだろうか? わたしはむしろちょっとした光の変容によって秋を感じることが多いのだが。一枚目の写真が、わたしにはたっぷりと秋を感じさせてくれる。  とはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《無明紅葉》

 こんな山の中に庵のような別荘をもって住むのはどうだろう、としばし考えていた。水:川に汲みに行けばいい。暖房:囲炉裏かストーブで何とかなる。食べ物:原付の一台があればなんとかなる。それに近くに小さな畑をつくることもできる。電気:あきらめればいい。太陽光パネルで携帯ぐらいは充電できるようにするか。  この尾根道の東側にそんな気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《秋山のもみぢあはれと…》

 水汲みの後、花背峠に行った。車で少し入って、いつものところに車を止めて、あたりをゆっくりと散歩していた。ここでは秋も少し過ぎていた。しかし美しい光。 > 鳥も鳴かずものも動かぬ秋山のもみぢあはれと誰に告げなむ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《研究室前の紅葉 2011年12月5日》

 むかし、ツイッターがまだない頃、ネットにペンネームで出した研究室前の紅葉の写真を米流時評さんが褒めてくれたことがあった。あれはこの年だったかそれともその前年だったか、前々年だったか。「わたしは世界中のいろいろな写真を見てきて判断には自信があるのだが」と断ってそのニ三枚の写真を直ちに認め称賛してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《秋の高原三十一》

 秋の高原。これらの写真を整理するひまがなかった。スクーリングが終わってやっと一息。31枚にまとめてみた。  高地のせいか、光の透明感がとても高い。 こういう美を見出す心を忘れたら、ひとはどこに生きても病いの中だろう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《飛騨の紅葉の三千の荘厳》

 むすめが生まれた時の高山からの帰路の紅葉の美しさが忘れられない。山々がすっかり紅く燃えていた。せせらぎ街道が今ほど整ってはいず、通る車も少なく、そして雨だったのだが。  山は笑い、谷は歓喜する。飛騨路の紅葉は今からが盛りに入ってゆく。落葉松の葉も黄変し間もなく落ちる。  谷には木々の歓喜がひしめく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《無明紅葉放下千歳》

 山中智恵子の歌に次のものがある: > 逢はぬ夜のまなこゐ和(のど)にきみもあれ無明紅葉放下千歳   『虚空日月』 きみへのいたわりにみちた歌だ。それはどのような紅葉なのだろうか? ずっと想像しつづけていた。だがそんな景はなにも思い浮かばなかった。  今日、降ったり止んだりの小雨のなか、ふと目の前の紅葉したもみじが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花背峠に秋の日を---楓蔦黄の日に

 このところ七十二候の「楓蔦黄(ふうかつきなり)」。楓や蔦が黄ばむ頃ということだ。山が晩秋にふさわしい暖かい色につつまれるころ、というので、ちょっと無理をして花背峠の方を散歩して来た。そんなには歩かない。和佐谷峠まで。  秋の色と、空気を、楽しんで来た。味わうというほどに味わったわけではないが。  歩いていると、なぜかここのとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レアリッシモ

 レアリッシモ、こんな言葉があるのか知らない。最もリアルなもの、という意味で、こんな言葉があったらいいと思うばかりだ。まったく、ひどく無学な思いだが。昨日アップした紅葉の写真に対して、これは楓の写真。この楓の緑の葉に、もっともリアルなものを見たい。昨日の写真のような美ではなくて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しい思いは二度すればいい 紅葉

 大学の研究室のそばの紅葉が美しかった。何枚か撮ったが。胸を刺すような苦しい思いのする写真は二枚。探せばもう少しあるかもしれないが、苦しい思いは二度すればいい。そう思って、紹介するのは二枚だけにしておく。カメラ:ニコンD60。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野川の紅葉桜 赤の宮あたり

 昨日21日、高野川の川沿い(川端通)を走った。並木の桜がもう紅葉していた。赤の宮の辺りで車を止めて、写真を撮った。 写真を撮るまでもなく、すっきりしない。生煮えの感じ。気温が不調だったためか。荘厳を感じさせるものではなかった。まだ緑の、青い葉さえあった。今年の紅葉も不調。仕方がない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more