テーマ:ポリーニ

《旋律 ---ロベルト・シューマンに寄す---》

(写真はオルタのモンテサクロ)  ロベルト・シューマンのop.14、「オーケストラなしのコンチェルト」(ピアノソナタ第3番)の終楽章を聴いていて思うのだが、ある旋律の発見が解決になる、救済になる、という苦闘の経験を作曲家は持つことがあるのではないか? わたしたちはあまりにもメロディーに慣れ過ぎていて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more