テーマ:郡山

《963というウィスキー》

 このウィスキーのことわかるひといるだろうか? どこの産物か。  ものは普通においしいウィスキーだ。説明を見れば冷却濾過をしていないと書いてある。甘く華やかな香り、クリーンでスムースな口当たりが特徴だと書いてある。確かに飲んだ印象もそうだった。特別な頑固な味わいがあるわけではない。   問題はどこの産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《Web百首10 福島・郡山》

「福島・郡山」 十六首 ○福島や南東の風そよふけば一瞬にして被曝地となる ○果物王国わが福島は桃も林檎も梨も葡萄も ○田畑(でんばた)と親しむ国よ耕して田圃を作る山の際まで ○黒服の者らが目立つ郡山新幹線に乗り込む人に ○駅前の通りで0,25とわが住む町の5倍のシーベルト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《郡山:被曝家族の像》

 19日は郡山に行ってホテルに泊まった。部屋の窓から下を見ると何やら変なものが見えた。それを確かめたくて、そして夕食をとるために、外に出かけた。郡山の駅前を夜に歩くことは女子大に在任中もめったになかった。そういえば昔やくざの多い町だと聞いていたことを思い出した。まあそれはそれ。「なか卯」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《私が今も郡山女子大の教員だったとしたら…》

私が今も郡山女子大の教員だったとしたら、いったい何ができるのだろう。 大学のために何ができるか、ほとんど思い付かない。 きっと何もできないのだろう。 子供たちは、東京かあるいはもっと遠くに、逃がしているだろう。 だが私は大学を捨てることはないだろう。 だが何ができるのか? >汚れつちまつた悲しみに.... それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこに住みたいと聞かれれば

〔詩〕  どこに住みたいと聞かれれば どこに住みたいと聞かれれば、 東北に と答えるだろう。 郡山か、花巻か、盛岡か。 いっそ弘前・岩木と言うかもしれない。 郡山にさえ 友は少ない どうしたら友を作れるだろう。 多くの友が死んだ 須田秀幸夫人、 渡辺俊明、 瀬谷重治、 長野隆。 専務理事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・サールを翻訳する ---ミシェル・フーコーと『キリスト教学校の運営』

J.B. ド・ラ・サールの『キリスト教学校の運営』の翻訳紹介をしてゆきます。 ラ・サールのこの本には、教育にとって重要な問題の解決法がいくつか示されている、とわたしは考えています。 わが国において「ラサール修士会」をはじめとして、この本の紹介をしようとする人も組織もないのが、わたしには疑問であり、また残念でもあります。 これま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東北へのめざめ --- 郡山時代 4

  ◆ 東北に住む前  わたしは五年間東北にいた。一九八六年から一九九一年までのことである。福島県郡山市の女子大学に縁あって職を得て、大学入学以来十七年を過ごした京都から赴任していったのである。  東北はわたしにとってはじめての地だった。もっとも旅行ということなら、学生時代に一度友人と車で磐梯山のあたりをまわったことはあった。東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台新公園と自転車 --- 郡山時代 3

台新公園は思い出の場所だ。なぜか? 息子が自転車に乗れるようになった場所だからだ。もちろん他にもある。そこは家族がそろって遊びに行くところだったし、そこの動物の形のデザインの一体型のブランコは娘の大好きな遊具だった。よく押してやったものだ。夕方のその公園は家族がそろってくつろげるゆったりとした空間だった。うちの子がはじめてひとりでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハレー彗星と「チロ」 --- 郡山時代 2

天体写真で有名な藤井旭さんが同じ台新に住んでらっしゃることを知った。『星になったチロ』の著者としても有名だった。そのころはハレー彗星が接近中で、その藤井さんたちのグループで吾妻山の浄土平で観測会を開いてくれていることを知った。「チロの望遠鏡」と呼んでいたと思う。口径四十センチ以上の大きな反射望遠鏡を運んで、それで見せてくれるという企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイパス酒場 ---郡山時代 1

郡山で最初に住んだ台新二丁目の小さな借家で、同じ借家仲間で、夏の夕方、「バイパス酒場」と称して、外の道の歩道の段に坐って、バイパスを見ながらビールを飲んでいた。 子どもを寝かしてからだ。サイジョウさん、キクチさん、フクハラさん、そして一番お世話になっていたひとが思い出せない。 フクダさんだったか。ご主人はミヤゴ運送の支店長をして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more