テーマ:アリアドネ

《小さな耳と繊細な耳 『ツァラトゥストラ』を読む》

 ニーチェの思考の中の「小さな耳」については、ドゥルーズが取り上げたこともあったからなのか、かなり知られている。それは『ディオニュソス頌歌』(Dionysos-Dithyramben) のなかの「アリアドネの嘆き」(Klage der Ariadne) の    Sei klug, Ariadne!...  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more