テーマ:日本宗教学会

《上田閑照先生が亡くなったと知った》

 去年宇治市のゆうゆうの里にお訪ねしたのはブログを見れば12月13日のことだったようだ。その時は以前と変わらぬほどにご健勝で、まだまだ何年もご指導をいただけるものと感じ、喜びまた大いに頼もしく感じていたのだった。その時は持参した日本宗教学会の発表紀要をとても喜んで読んでくださっていた。だからかわらずにお元気なことと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《『ツァラトゥストラ』の中の「最も孤独な放浪」について 発表要旨》

 標記のものの400×400のものをアップロードします。後日日本宗教学会のHPで「発表要旨」として公開されるものの原稿です。ニーチェの問題に深い関心のある方にいち早くご覧いただけるようにとの配慮です。ご意見などいただければ幸いです。 ============ 《『ツァラトゥストラ』の中の「最も孤独な放浪」について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《『ツァラトゥストラ』の中の「わたしの最も孤独な放浪」について》

 標記のタイトルで日本宗教学会 第78回学術大会の会場(9月15日10:40から、第2部会)で「発表の要旨」として配布したテキストをここに再掲します。ご意見などいただければ幸いです。 『ツァラトゥストラ』の中の「わたしの最も孤独な放浪」について 中路正恒 京都造形芸術大学 日本宗教学会 第78回学術大会発表要旨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F・ニーチェの〈circulus vitiosus deus〉という思想  研究発表資料(4)

 標記の発表で配布した資料を4つに分けて公開します。配布した資料には下線等の強調を付してありますが、ここでは強調の手間を省いています。必要を感じた場合には追々付してゆくかもしれません。ニーチェ研究、クロソウスキー研究、あるいは宗教哲学研究の役に立てていただければ幸いです。 F・ニーチェの〈circulus vitios…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F・ニーチェの〈circulus vitiosus deus〉という思想  研究発表資料(3)

 標記の発表で配布した資料を4つに分けて公開します。配布した資料には下線等の強調を付してありますが、ここでは強調の手間を省いています。必要を感じた場合には追々付してゆくかもしれません。ニーチェ研究、クロソウスキー研究、あるいは宗教哲学研究の役に立てていただければ幸いです。 F・ニーチェの〈circulus vitios…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F・ニーチェの〈circulus vitiosus deus〉という思想  研究発表資料(2)

 標記の発表で配布した資料を4つに分けて公開します。配布した資料には下線等の強調を付してありますが、ここでは強調の手間を省いています。必要を感じた場合には追々付してゆくかもしれません。ニーチェ研究、クロソウスキー研究、あるいは宗教哲学研究の役に立てていただければ幸いです。 F・ニーチェの〈circulus vitios…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F・ニーチェの〈circulus vitiosus deus〉という思想  研究発表資料(1)

 標記の発表で配布した資料を4つに分けて公開します。配布した資料には下線等の強調を付してありますが、ここでは強調の手間を省いています。必要を感じた場合には追々付してゆくかもしれません。ニーチェ研究、クロソウスキー研究、あるいは宗教哲学研究の役に立てていただければ幸いです。 F・ニーチェの〈circulus vitios…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニーチェの救済論 ---時と意志」 2017年日本宗教学会発表資料 

 2017年の日本宗教学会第76回学術大会でのわたしの発表資料を公開します。学術研究にお役立ていただければ幸いです。引用の著作権については十分にご配慮ください。なお、会場で配布した資料にはつけられている下線強調は復元していません。後日時間を見つけて復元したいと思っています。ご了承ください。 ========…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more