テーマ:ニーチェ研究

《上田閑照先生が亡くなったと知った》

 去年宇治市のゆうゆうの里にお訪ねしたのはブログを見れば12月13日のことだったようだ。その時は以前と変わらぬほどにご健勝で、まだまだ何年もご指導をいただけるものと感じ、喜びまた大いに頼もしく感じていたのだった。その時は持参した日本宗教学会の発表紀要をとても喜んで読んでくださっていた。だからかわらずにお元気なことと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

 昨年は長年訪れたいと思っていたシルス・マリーアに行き、「ニーチェ石」をはじめ数日間辺りの気候風土人情に触れてきました。「ニーチェ思想石」では、12時の鐘の歌を音読し、ニーチェの声のようなものを聴きました。これで一昨年のローマのサンピエトロ聖堂から始まって、メッシーナ、ジェノヴァ、ヴェネチア、オルタのモンテ・サクロ、ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ニーチェ巨石》

Ein mächtiger pyramidal aufgethürmter Block  この巨石の方が、ニーチェが永遠回帰の思想を感得したきっかけの岩塊に近いと思う。この巨石の位置は、二枚目の写真で写る滝との関係で把握できるだろう。 (写真15枚) Tür…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

《ニーチェとピラミッド型の石塊》

《ニーチェとピラミッド型の石塊》  問題は割合簡単で、出発点になるのは『この人を見よ』の中の『ツァラトゥストラ』の誕生にかかわる次の説明だ。まずはその原文を紹介する。 > Ich ging an jenem Tage am See von Silvapl…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more