テーマ:聖代

《雨露の恵みに》

 昨日からずっと、昼頃まで雨が降っていた。時に激しい風、時に糠のような雨。そうして、それらの雨や露の恵みを受けて山の樹々はこんもりと一段と盛り上がってきた。『朗詠集』を見れば「雨露の恩」という言葉があるらしい。わたしも聖代の恩を受けてきたのだろう。万里(マロ、藤原、懐風藻)のようには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more