テーマ:比叡山

《山色整う》

 こんな季語があるのかどうか知らないが、最近の山を見ていると、ようやく山の色が整ってきたと感じる。「整ってきた」とは新しい葉を出す木はどれも新芽を出し始めているように見え、常緑のものは常緑のままに、葉を着けずに枯れてゆく木々は裸木のままに、そして遅速はあっても葉を出す木々はそれぞれそれ自身で葉を出してきたことが山色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《比叡山の雪》

  昨夜は少し強く冷えていたようだ。朝おそく起きて外を眺めると比叡山に雪があった。積もっていたというより白い粉、パウダーシュガーを振りかけたほどの感じだが。雪は当然北へ続き、横高山にもつながる。玉体杉にも降ったようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《麗峰比叡》

 朝9時前の比叡。まだ日は出ていないが、少し南の方の雲が白く明るくなっていて、その後ろに隠れているのがわかる。だがそれを待たなくてもいい。こういう比叡山を麗しいと思う。麗峰比叡。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《叡山の積雪》

 昨夜少しは雪が降ったようだが、今朝見れば平地は積雪と言うほどのものもなかった。叡山の方は八合目当たりの広葉樹には、裸木にも、雪が残っていた。台風21号の倒木折木も、この辺りはまだ手も入れられていない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《比叡山玉体杉を見に》

玉体杉  このところ運動不足がつづいていて、とりわけ足を使って歩くということをほとんどしていなくて、連休中に一度歩いてみようと思った。そう思ったのが7日の日曜日で、その時はもう午後二時半を回っていたので、これから山へ行くのは無茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《梅谷口・雲母坂》

写真はいずれも梅谷道・帰路 砂防ダム 同上、下流側から  昨日帰路を同行してくれた青年が、自分は梅谷口から入ったと語っていた。そしてその川筋は放置されたように荒れていたと。家から近いこともあってわたしは叡山には梅谷川から入ることが多い。しかしその道も、4年ほど前にはだいぶ荒れていて、砂防ダムは二つとも上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《地球研から比叡山》

 初めて地球研に行った。用事としては封筒を一つ届けるだけなのだが。もう五時を過ぎていて冊子が入っているので幾ら切手が要るのかを調べるためだけでも左京郵便局まで行かねばならない。それならいっそ直接行って届けた方が早いということで普段着のまま原付で行った。受付で渡して届けてもらえたらよいと思っていたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《比叡山八瀬側 ここは地下水脈の出口》

何か崩れた跡のような 水流が確認できる 引いて見るとこの位置  昼に気になったのはここだ。どうやら瑠璃光院の裏のさらに北東の方で、どうやら桂谷より北で、梅谷川の上流部ではない(川筋が違う)ようなのですこし安心した。某美術館の裏手の方になるのだろうか。  この時(18:40ごろ)は明らかに水が出て流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《雪比叡》

 比叡山にとっては初雪ではなく、数日前にも白いものが乗っていた。この写真は朝の10時半ごろのもの。北山にも雪が見えた。北山に雪が残るようになると京都も冬になった、冬なのだ、と感じる。今年も冬になった。比叡山に南東から太陽の光があたると、山がとても美しく見える。だが、その時間は長く続かない。太陽の光のために比叡山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《比叡山・梅谷口の砂防ダム》

 昨日自然水を汲みにと思って梅谷登山口から比叡山に入った。だが以前あった湧水の汲み口は多分崩れてしまって、なくなっていた。そして倒木も多数放置されている。崩れそうな斜面も少なくない。昔はもっと整備された道だったのに。この状態はいつからなのだろう。去年の台風18号の大雨の時か。もっとも今年になってから倒れたと思える大きな杉の木も一本あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《雪比叡》

 今日はこの冬で一番寒かったのではないだろうか。そこら中に雪が積り、車のボンネットにも雪が積り、そして家の前の道は凍結していた。それでまず塩カルを撒いた。  朝の景色は素晴らしかった。何よりも雲の表情。そして透明な青い空。西の愛宕山の連山も朝の光に峰を覆う雲とともに焼けていた。  振り返って東を見ると、比叡山も素晴らしい。頂には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 昨日の夕方。もう暗くなる間際。東山の霧。山の、水気のあるそれぞれの場所から立ち昇る。その姿が、すこし不思議に感じた。山の小尾根で分かたれているように見えるが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑風 --- 比叡山、東山

 山の緑が濃くなった。自転車で大学に行くことが多くなると、それだけ写真を撮る機会も増える。これは帰り道のもの。雲母漬けの店のあたりからの比叡山と、修学院離宮の門前町のあたりからの東山。  この東山、このところ山の形が悪くなっている気がする。樹木の丁寧な手入れができていないようだ。数年前までは、京都で最も美しい山と思っていたが、今で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《比叡山の春霞…?》

 昨日今日と、心臓の痛みがほとんど出なかった。よくなっているのだと思う。だがまた「PM2.5」なるもののニュースがあって。不安が増える。中国から流れて来る粒の小さいスモッグのことだ。もしかしたら数日続いた胸の痛みも、それに関係があったのかもしれない。ともあれ今日(2月2日)の京都は半日ずっと、春霞をもっと濃くしたような靄に包まれてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

霧の比叡山

 まだ風邪が抜けない。松山からの帰りの夜行バスが、暖房が強くて、結局喉を傷めてしまって、それ以来だから、今日でもう一週間になる。一時よくなりかけたのだが…。  身体の調子がよくない。しかし、ひとびとの力をまとめる仕事なら、何とか進められそうだ。二風谷の連句「善きひとと会う」が進められそうなのが嬉しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月一日

 どこかへ出かけるにはもう遅い時間だったが、結局滋賀に行った。次女に保険証を貸していたのを、近々医者に行く予定もあるので、返してもらおうと思って。また、できればそのまま山に行こうと思っていたのだが。電話をすると、渡せるということだった。  イオン・モールで会って、そこで保険証は返してもらったのだが、新しい部屋の入り切らないものを、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比叡山 雪の花

 今朝は雪だった。10時すぎにはあらかたとけていたが、比叡山の木々にはまだ雪があった。少しだけ雪の花のよう。ここに光が射すと、きっと花のように明るむ。そしてあっという間に消えてしまう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金比羅山

 上賀茂からいつもの原っぱを通って大原に抜けようと思っていたのだが、途中、大原も近い所で、これまで気に止めたことのない碑が目に入った。どうやらお不動さんと金比羅さんがいるらしい。江文神社のところまで行って引き返した。場所は江文峠のところ。  まだ三時半ぐらいだったので、行ってみることにした。不動明王は先日の葛川の明王院以来、とても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の白い枝群 (Lumix GF3、Tokina 150-500mm)

 これは昼ごろの比叡山。税金の支払いなど用事をすませて家に戻ったところ、山の木々に白くまとまっているところがあって、もしかして花が咲いているのかと思って、望遠レンズで見て撮ったもの。写真の左上のところ。白い枝だった。  春らしい一日だったが、花はまだ。 この写真、山の木々が何か乱れて美しい (画像クリックで拡大)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪は魔法の出来事と

 初雪は魔法のような出来事だと、ずっとむかし受験勉強のなかで読んだが、久しぶりの初雪経験。朝起きて、外に一面雪が積っている景色は、やっぱり魔法のようだ。誰がかけた魔法か? ロバート・リンドのおかげ。  ここ数年、この京都の左京区では雪らしい雪が降っていなかった。今日は家から車を出すためにもスタッドレスタイヤが役立つだろう。  朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の雪

 今朝の写真。比叡山、その麓、そして瓢箪崩山。うっすらと積っている。 比叡山 その麓 これは瓢箪崩山 (いずれもLumixGF3、Nikkor55mm)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比叡の雪と空の雲

 空を仰ぎたくなることがあるなどと言わなくてもいいのだろう。仰ぎたければおのずからそうしているのだから。  旧暦正月二日の今日、すべては少しずつはよくなっている気がする。  今日は見つけ出したMicro-Nikkor 55mm を LumixGF3 につけてみた。遠距離でも解像力はよいようだ。比叡山のマイクロウェーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の比叡山

 今朝はほんとに久しぶりにエスプレッソを作った。数年ぶりぐらいだ。エスプレッソ・メーカーが汚れ、アルミが部分的に錆びていたので、少し心配だが、掃除して、沸騰させた水と蒸気で洗って、ともかく作ってみた。この前マンデリンをイタリアンに焙煎してもらったものがあったからだ。ここまで深煎りにするなら、やっぱりエスプレッソで飲んで見たかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の雪と夕方の月と雲の陣

 今朝は少し雪が降ったようだった。昨日は遅くまで(朝5時まで)ツイッターをしていたので、起きるのが遅くなったが、10時半ごろに玄関を出て比叡山を見ると、雪化粧が少し残っていた。朝早ければもっと素晴らしかっただろう。そして一日中ダイナミックな、気持ちの良い天気だった。幾つもの大きな塊の雲が、光を浴び、力強く動いていた。立ち昇る虹も朝か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は曇り、そして小雨だった

 今日は曇り、そして小雨だった。だから月は見えない。9日の名月の月がどうなるのか気になる。 今日の比叡山 これは昨日の月 ついでに、一昨日は夏雲が出てくるほど暖かだった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜の月、今夜の月 2011.9.15

 昨夜は月の出を見逃したが、今夜はちょうど気がついた。こんなに、比叡山の真上から月が出るのはめずらしい。 九月十四日の月(追加)。 この雲は比叡の山の端にかかっている。 同前。 九月十五日の月の出。 昇ってくる月。比叡山にかかっている。 山際を照らしながら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月が出ていた (3月16日)

 一日中曇って、雪まで降っていたのに、さっき外を見たら、夜空が晴れて月が出ていた。半月を少し過ぎたぐらい。八日月ほどか。  午後の比叡山と、その月の写真。ぶれて上手く撮れていないが。いつでも空を見上げるぐらいの余裕はもっていたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月12日の比叡山

このとき、これが比叡山の見納め、撮り納めになるかもしれないと思った。 その後、格納容器が無事だったことを知ったが(福島原発)。 今日、そして昨日をいつまでも忘れないでおきたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降った

思いもかけず雪が降った。雪の一日になった。家からの比叡山の写真と、大学での写真。 比叡の写真ニ枚はすこし「幽玄」の概念を思い出させる。 (大きくして見て下さい)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の雪

 初雪。 比叡山も見えない 瓢箪崩山も見えない 愛宕山ももちろん見えない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more