アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「試験」のブログ記事

みんなの「試験」ブログ


《試験問題を作った》

2017/07/25 19:38
瀬谷こけし

 明日期末試験を実施するのだが、その問題を作り、大学へ行って印刷をし、そして問題・解答用紙を大学に預けてきた。これでずいぶんとほっとした。
 今まで前日に問題の印刷を終えたようなことは一度もなく、いつも徹夜に近い作業で当日に間に合うように問題を作成し、当日の朝大学の印刷機で印刷をしていた。今年はなぜそうしなかったかというと、明日返してやることにしている宿題の採点と記帳が結構重たいから。それと問題作りとを一晩でこなせる自信がない。問題作りは、結構練度のいる仕事で、問題形式を前年度と同じにする場合も個々の問題はすべて作り直している。授業でこれは覚えておけと言った問題はやっぱり出題してやるし、このくらいの問題はできてほしいと思う問題はずいぶんと工夫して作る。同じドイツ語の三科目の授業だが、それだけでほぼ丸一日かかる。担当している「応用」の一科目は、「訳して鑑賞せよ」という問題形式に決めているので、要は出題する一篇の詩を何にするかという選択と決定だけで、あとはあまり手がかからない。「入門」の二科目は30問のすべてを、どれも一題一題、考えて作る。そうやって作っても期待以上にできてくれたことはほとんどない。まあともあれこれで一段落。明日試験を担当して、それから採点し、評価し、成績評価を出すことだけだ。これでほっとした。そして終わってみると、このためにいろんなことを後回しにしていたのだということが分かってくる。返信やいろいろなお礼もそうだが、スイス旅行の最後の二日の(リルケの「秋の日」のようだ)宿の予約も、やっとこれから手を付けることができる。まあ明日は6時過ぎまで大学にいることになるので、動き出せるのは明後日から。それでも、これでやっと肩の荷が下りた。半分だけ。---採点と評価も結構手間も時間もかかるのだ。
 そして明後日から一週間後にはチューリッヒに向けて出発。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「試験」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ 試験のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる