アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「Sils Maria」のブログ記事

みんなの「Sils Maria」ブログ


《ホテル・マリーア》

2017/08/12 13:06
瀬谷こけし


 シルス・マリーアで泊まった宿は「ホテル・マリーア」というところだった。ここのホテルのひとびとから(スタッフから、また客として来た人々から)デリケートな挨拶をいろいろと学んだ。まず朝一番に会ったときは「モルゲン!」(Morgen!)。日本の「おはよう」に近いのだと思うが、朝に相手を認知したことを互いに確認し合うというのが一番の意味のようだ。この場合「グーテン・モルゲン!」(Guten Morgen!)とはしない。「グーテン」をつけてしまうと、「あなたによき朝を」というような予祝の言葉になってしまうからだ。すでに朝なのにそれをすると、とてもおかしなことになってしまう。
 この「モルゲン!」という挨拶を、原則会う人みなに対してする。朝の食堂では会う人が多いが、そのそれぞれに「モルゲン!」ということで、「今日もまたお会いできましたね、だから良い日を迎えられたわけです!」、あるいは「初めてお会いしましたね、これからもどうぞよろしく!」というような意味になる。互いに「モルゲン!」を交わすことで、その食堂全体がとても親和的な空間になるのだ。そのご別のところでまた会ったとき、あるいは確か前にもお会いしましたね、という時、それだけで互いに声をかけやすくなるのだ。

 それで、食堂で席を立って近隣の人たちに声をかけるときは、「(アウフ)ヴィーダーゼーエン!」(Auf Wiedersehen!)、そしてもっといいのが「シェーネンターク!」(Schönen Tag!)という言葉をかけることだ。前者は「またお会いしましょうね」の意味で、「今回の出会いはよいことでしたね」という相手への好感の表現だし、後者は「あなたにとって今日の日がよい(=素敵な)日になりますように」という予祝の言葉になる。こう予祝してもらえると、ありがとう、あなたにも素敵な日でありますように、と返したくなるのが自然の感情で、当然そうなって、たいていはもっと会話が広がってゆく。
 そんな風に、食堂から出たところにある受付の女将さんか若女将さんが時宜にあった、そして関係の浅さ深さに応じた適切な挨拶の声をかけるので、わたしなどでもそれなりに話しかけやすくなるのだ。わたしなどには、その日のプランに大いに参考になる。高齢者の客の多いホテルなので、とてもいたわりや配慮のゆたかな人間関係になってゆく。このホテルから学ぶことはとても多かったし、また言葉がもっと豊富にわかり使えるようになったら、もっとたくさん気持ちのよい会話ができるようになるだろう。そしてシルス・マリーアの村全体がそんな、成熟した大人風の雰囲気の場所になっているのだ。夏にも涼しい場所だというだけでなく、そんな心の居心地のよさでも、病みつきになるひとびとの気持ちがよくわかる経験だった。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


《ニーチェの新しい思想たちと安らぎ---シルス・マリーア》

2017/08/09 15:50
瀬谷こけし

シールス・マリーアのニーチェの部屋
画像

滞在中にニーチェが使っていた部屋がシルス・マリーアの「ニーチェハウス」に保存されている。

 1881年8月14日付のケーゼリッツ(Köselitz)宛の手紙でニーチェはこんなことを言っている。発信場所はシルス・マリーアだ。

>それについて私は何も口外しないでおきたい。そして自分自身をゆるぎのない安らぎの中に保っておきたい。 (KSB Bd. 6 Nr. 136)

上記の中の「それ」は、「わたしの地平線に昇ってきた思想たち」であり、そのようなものは「私が見たこともないようなものだ」と語っている。新しい思想が一群となって現れてきているさまが適切に語られている。そしてニーチェは「(この新しい思想群のために)自分はまだ二三年は生きなくてはならないのだろう!」と語る。自分に訪れてきた新しい思想群、それをはっきりと語れる形にするために、自分はもう何年か生きなければならない、と語っているのである。ニーチェの身体の健康状態はじつはこの時非常に危険な状態であったのだ。それは「自分の感情/感覚(Gefühl)のさまざまに異なった強さ(Intensitäten)のせいで震えたり、笑ったりする」そういう状態であり、眼の炎症のせいで一日中部屋を離れられなかったりするが、その原因は、その前日にほっつき歩き(Wanderngen)の途上であまりにも泣きすぎてしまったからなのだ、とわかっているという。そしてその涙もセンチメンタルな涙ではなく、歓呼の涙なのだ。そこで自分は歌を歌ったり、わけのわからないことを語ったりするが、---ここまでは『ツァラトゥストラ』序文の森の聖者のようだが---その歌や語りは彼ニーチェが万人に先駆けてもったある新しい展望(Blick)にみたされてのことなのだ、と記す。この新しい展望は、彼のいう新しい思想群の意味の一つ一つとして見通されてくるものなのである。

 ニーチェの手紙をやや長く紹介しすぎたが、このシルス・マリーアの土地で彼は新しい思想の啓示を受け、その思想がもたらす見晴らしのせいで、泣いたりわけのわからぬことを語ったりしながら、このシルス・マリーアの近辺を日々ほっつき歩いていたのである。
 シルス・マリーアは『ツァラトゥストラ』の思想/詩想群の生誕地である。それは思想/詩想自体の生誕地であるが、それと同時に、この地でニーチェは、「ゆるぎのない安らぎ」の日々を保ちえて、その後の何年かの激しい生を安らげることができたのである。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「Sils Maria」ブログ

特集

「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ Sils Mariaのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる