台風のあとで

瀬谷こけし
台風のあとで父と海に行ったことがある。
鵠沼の海だ。
台風一過の翌朝のことだったと思う。

海岸を歩いた。
浜にいろいろなものが打ち上げられていた。
魚も何匹か砂にまみれてあった。
「昔は台風のあとにはこうやって浜に来て、打ち上げられた魚をとっったものだ」
というようなことを父は言った。
自分のことかもしれない。
あるいはもっと一般的な、普通の人々のことかもしれない。
今治の豆腐屋に里子に出されていたころのことかもしれない。
その今治中学での生活のなかで、あるときこのままではだめだ、と思って、決意して勉強をはじめたと、これは母から聞いた。

父と台風のあとの浜を歩いたのは一度だけではなかったかも知れない。
もう一度そんなことがあったような気がする。
わたしが小学校だったころの話だ。
一度は江ノ島に台風が上陸した時の翌朝だっただろう。
台風の目の中に入って、風が止んで、驚くほど静かになったことを経験している。

父と二人きりでした経験は、どれも心に残る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック