冬枯れの原 (GF3+Elmar90mm/G14mm)

瀬谷こけし
 いつもの原に。午後4時半頃。曇り空。これで光があればまだ違ったものになるのだろうが。しかし実際は光の射さない日が多い。
 こうして歩いていると、なぜか「冬の偉大さ」という言葉が浮かんだ。籠りの時…。
 籠ることによって、静かに芽生えて来るものがあるのだ。
 岩田靖夫の『ヨーロッパ思想入門』のイエスの生涯のところを読んでいて、何か新たに目覚めてくるものがあった。ひとつの生き方の姿がはっきりと見えてきた、ということだろう。それは「遠人愛」を説くニーチェとは正反対のことだが。だが二人が見ていたものがそれほど違っていたわけではない。むしろほとんど同じことなのだ。ただそれに対して取る態度が正反対になっている。それによって見えることが若干違って来る。
 わたしの取る道はそのどちらでもないだろう。


画像
レンズ:エルマー90mm

画像
同前

画像
同前

画像
同前

画像
同前

画像
レンズ:ルミックスG14mm

画像
同前

画像
同前

画像
同前

画像
同前










amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック