迷って、金福寺に行った

瀬谷こけし

  蒲公(たんぽぽ)の黄に薺(なづな)のしろう咲(さき)たる

といえば、誰の何か、知る人はすぐに分かる。高校二年の時、担当の先生が何かの理由で休んで、同じ学年担当の別の先生が来て教えてくれた詩の一行だ。次の行は、

  見る人ぞなき

その先生は黒板にこの「北寿老仙をいたむ」という詩を何も見ずに記憶のままに書き、言葉の解説とともに、鑑賞をしてくれた。萩原朔太郎の『郷愁の詩人与謝蕪村』を引き合いに出していたのは、現代国語の時間だったからかも知れない。ともあれわたしが初めて文学に感動したのは、この時だった。その時覚えた詩行を今でもすっかり記憶している。

 今この時期、京都ではタンポポが黄に咲き、ナズナが白く咲いている。ちょうどこの時期だ。そして今日は蕪村の墓のある金福寺に行ってきた。
 あとのことは写真に語らせよう。


迷って、金福寺にいった
画像
白川通りのケヤキはもうこんなにたっぷり葉を着けている
画像
同前
画像
高野の公団わきの土手に
画像
金福寺、このさみどり
画像
嫩葉

画像
同前
画像
同前
画像
花の色
画像

画像


画像
穎原退蔵筆塚
画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像


画像
蕪村の魁偉な風貌
画像
ききょう
画像
ききょう
画像
これだけ50mmレンズで撮影(他は14mm)
カメラはLumixGF3
画像

画像






 穎原退蔵の筆塚があった。たまたまこれを見つけて、中断していた芭蕉『奥の細道」の風流についての論をまた続ける気になった。お参りもしたのだから。





この記事へのコメント

2012年04月25日 20:55
ご無沙汰しています。お元気か心配していましたが・・・私より元気そうで(--;)
時々、ブログを拝見しています。写真が随分、変わりましたね。
2012年04月26日 00:11
元気だけは人一倍です。でも我ながら危なっかしくて。
一番下の子が大学生になりました。人生もこれで一段落です。また遊びに来て下さい。
9月21-26で写真展をします。それも元気の理由の一つかもです。
2012年04月26日 21:06
今にも死にそうな感じなこと言っていた方とは思えませんが。
大学生って、早いですね!写真もついに個展ですか!前にいつかできたらいいなぁとか書かれてましたっけ。楽しみにしています。

この記事へのトラックバック