桐の花

瀬谷こけし
 この桐の花はどうなったのだろう? これは5月12日の写真。

 以前思ったことだが、上を向いて立ち上がる桐の花は、神社などで祓えに使う鈴と、姿がよく似ている。鈴の祓えの発想の源には、立ち上がる桐の花があるのではないだろうか。
 今日から東京へ。その前にこの写真をアップしておく。
 明日から三日間、哲学の授業。


画像

画像

画像



 三枚目の毛虫の写真はおまけ。上手に撮れたので。
 この毛虫もどうなっているのだろう?
 「桐の花」と言えは北原白秋だが…。
 そういえば一昨日は外で百舌鳥が啼いていた。この季節になぜ? と思うのだが、例のない寒さに、とまどいつつ、冬を予感していたのだろうか。
 この風土は、これからどうなってゆくのだろうか?









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック