雨に降られるのもよい

瀬谷こけし
 7月14日、開田高原側からから月夜沢に入って、引き返して、木曽の方に出た。昔もこんなことがあった。
 開田高原で宿を探してもよかったのだが、そのこのことはすっかり忘れていて、気がついたのはもう高原を出る時だった。野麦側から月夜沢峠を目指すという翌日の計画を考えると、野麦峠に行きやすいところに泊まっておきたかった。それに奈川も行っておきたかった。だから木曽福島には入らずに、北に向かった。薮原から境峠。

 松本で宿を探そうと考え、車を停め、携帯webで探したが、とんでもない、どこも空いていない。諏訪か長野まで行かないと、宿がとれない。これではとんでもない。結局高山に行くことにした。空いているビジネスホテルを見つけて予約した。車でないと不便なところだが、ブログを書きたいのが第一だったので、そこでよいとした。
 それからいつも行く丘に登った。今回そのよさがやっとわかった。丘の上を耕し、田畑にしている。そんな丘から見る周囲の山々がよいのだ。途中、狭い道、軽トラのおばさんが待って道をゆずってくれた。そして会釈をすると声を掛けてくれた…。
 もう夕方の6時を回っていた。
 西の方から雨が近づいてきていた。そして降られた。
 雨もよい。雨に降られるのもよい。雨に濡れるのもよい。

 それから野麦峠を越えて、一路、高山に向かった。


画像


画像


画像
鳥!

画像
西、野麦峠方面。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 開田高原から月夜沢峠をめざしたが

    Excerpt:  昨日、開田高原側から月夜沢峠に。車ではまず無理だと思っていたが、鎖で閉鎖してあった。まずは錠を開けてもらわないと…。 湿度の高い気持ちのよい道だが。時間が3時頃と、やや遅かったこともあり、末川.. Weblog: 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ racked: 2012-07-16 09:33
  • 7月14日 朝の下呂温泉 (Lumix写真)

    Excerpt: Weblog: 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ racked: 2012-07-16 09:34
  • 取り急ぎ今日のこと 野麦峠通行止め

    Excerpt:    野麦峠が雨のため、通行止めになっていたこと。  そのため、月夜沢峠に向かえなかったのは当然のこと、  あきらめて行った濁河温泉から、下に下りれなくなりそうだったこと。 Weblog: 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ racked: 2012-07-16 09:36
  • 最近の気に入り ホイットニー・ヒューストン:Didn't We Almost Have It All

    Excerpt: Didn't We Almost Have It All / Whitney Houston Weblog: 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ racked: 2012-07-23 01:45