《今日の花背峠 電波塔の方へ 2013.12.28》

瀬谷こけし
 家を出たのが午後4時近く。買い物のために大原の里の駅に寄ってから行ったので、峠に着いた時は5時に近かった。府道のわきに車を止めて、外に出ると、下の雪も凍結していて、滑った。こんな遅くだから、どこかまで行こうということではなく、どんな様子かだけ見に来たのだった。今年はずっと仕事に追われていて、冬眠手前の時期に熊の足跡を探すことができなかった。だからどこに冬眠していようと、ほとんど探すことはできない。そもそも大見尾根のあたりに熊はほとんどいない。ちょっと見てみようと思う熊穴がひとつあるだけだ。---もう熊穴探しなどやめてもいいのだが、繁蔵さんから教わったことを、もう少し自分のものにしておきたいということだ。

 峠から少し歩いた。やはりスパイクつきの長靴で来るべきだった。少し深いところを歩くならカンジキも必要だ。四輪車の轍の跡が一台分だけあったが、1kmも行かずに引き返していた。そしてチェーンを巻いた二輪車の轍跡が一台の片道分だけついていた。結局、大見まで行ったのだろう。途中で泊ることは難しいだろうから。これは出来る人に違いない。
 私もますます暗くなるので、普段の車止め場までも行かなかった。もう少しだったが、車を置いてきた峠の凍結がひどくなるのか恐かった。それに長靴でないのも無理があった。道路上で深いところは50cmは積もっていた。

 引き返して、途中水を汲んで帰った。峠から、左カーブを二つ曲がっただけで、路面の凍結はなくなっていた。とはいえスタッドレスをはいているといっても、何度か滑りかけた。滑ってしまえば低い方へ流されてゆくだけだ。路面次第では谷に落ちる。十分に用心しながら下った。

花背峠
画像
「-3℃ 凍結」という表示

画像
峠の木々

画像
峠の木々


電波塔の方へ
画像


画像


画像


画像
これからは長靴が必携







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック