《農学部前の進々堂》

瀬谷こけし
 体調が十分でないまま京都に戻り、久しぶりにバイクに乗ってもいまひとつ動きが決まらず、四輪車に乗っても駐車時にサイドブレーキを引き忘れる始末。旅行、旅行でしばらく車に乗っていなかったせいばかりでもなさそうだ。それで昨日は自転車で動いていた。お陰で久しぶりに進々堂へ行って仕事をすることができた。ここはいわゆる「放置自動車」の取り締まりが頻繁で、目の前の歩道に自転車並みに原付きバイクを止めていても罰金を取られるので(9000円)、バイクでも行けなくなっていた。進々堂は、私にとってはもっとも精神集中をして仕事のできる場所で、例えば鶴見和子の歌集もすべてここで読み、それについて論文を書いたのもここだった。大学の図書館以上に精神集中のできる場所。世間を感じながら思索ができるという場所は滅多にない。それに行けばたいてい友人にも会える。声だかにこれ見よがしに(たいていは程度の低い)議論をするグループが皆無ではないが、そういう時以外は最高の勉強場所になり、仕事場所になる。自転車でも、あるいは歩きでも(一時間以上掛かる)、もっと行くようにしよう。昨日は「日本文化論」のレポートを4本読んだ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック