《キツネ》

瀬谷こけし


画像



 この橋の上の足跡はキツネだと思う。場所は高山市旧丹生川村五味原の喜十郎橋。昔はこんなところに橋はなかったのだが、丹生川ダムができて今までの道が壊されてからはここを通るようになったらしい。昔の五味原の村の近くだ。以前から毎朝この辺りを通って折敷地村に出て来るキツネがいて、橋本繁藏さんがとてもかわいがっていたのだが、ダムができ繁藏さんが亡くなってからもこうして毎朝折敷地村に通って来ているようだ。
 わたしも2011年以来この五味原の方には一度も来たことがなかった。その当時も、雪の上に新しい足跡をつけて通ってくるこのキツネに親しみを感じていたが、道がなくなればこうして新しい道をみつけてやってくるかのキツネに、またまた思いやりを感じる。この後わたしはこの橋を車で渡り、新しい跡をつけたが、跡がついて歩きやすくなった道を彼もきっと利用する。もっとも、この浅さの雪なら、車の轍跡もたいした恩恵にならないだろうから、彼が利用するかどうか、わからない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 《五味原のキツネ》

    Excerpt:  今日また五味原の喜十郎谷の橋に行ってきた。その間雨も降って雪が情けない状態になっていたが。  あのキツネは毎日通っているらしい。しかしわたしが付けた車の.. Weblog: 「世界という大きな書物」  中路正恒公式ブログ racked: 2017-12-01 00:08