《松ヶ崎・宝ヶ池》

瀬谷こけし
 7日は一日中曇りだった。薄い色の雲ばかりで雨が降る気配はなかった。区役所に用があって出かけその後松ヶ崎から宝ヶ池に出て帰った。この松ヶ崎の山のあたりも、通学部の担当だったころは、貴船のホタル見学と同様よく夜に学生を連れて行ったものだ。---通信教育部担当になってからは、京都市内ではなく、むしろ日本の各地に連れて行って現地での授業をすることが多くなったが、どこに行っても歩くことは重視していた。歩かないと目に入ってこないことはたくさんある。今日の行程で約一万二千歩。健康にもよい動き方になっているようだ。松ヶ崎山では、台風21号で折れたと思しき樹がまだほとんど手も入れられずに残っていた。またある神社では明治39年建立の石碑があった。裏を見ると予想通り日露戦争の死者の名が刻まれていた。

 ともあれこんな曇りの日でも春は少しずつ進んできている。


画像

画像

画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック