《上田閑照先生が亡くなったと知った》

瀬谷こけし

20191126D71_0395a閑照菊mi.JPG

 去年宇治市のゆうゆうの里にお訪ねしたのはブログを見れば12月13日のことだったようだ。その時は以前と変わらぬほどにご健勝で、まだまだ何年もご指導をいただけるものと感じ、喜びまた大いに頼もしく感じていたのだった。その時は持参した日本宗教学会の発表紀要をとても喜んで読んでくださっていた。だからかわらずにお元気なことと思っていた。わたしは今年も日本宗教学会で発表をし、それはわたしなりに大いに自負のあるもので、それだけに先生のご批判を仰ぎたかった。その発表紀要の校正稿が届き、時間の取れる時が来たらお見せしに伺いたいと思っていた。そして今日ようやく時間ができて、伺いたく、ゆうゆうの里の方にご連絡した。---そこではじめて先生のご逝去を知らされた。
 さびしさに言葉もない。

  拙吟

  朗らかな磯菊ばかりまゐらせむ


 墓は、相国寺の西谷啓治先生の墓のおそばだときいた。

"《上田閑照先生が亡くなったと知った》" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント