テーマ:IME

《シュトックハウゼンの「正しい長さ」 IME 2008年1月27日の演奏》

 このほどわたしたち(IME)の2008年1月27日の演奏をYoutubeにアップしました。前年12月に亡くなったカールハインツ・シュトックハウゼンへの追悼の録音総会での演奏です。演奏場所は京都造形芸術大学陽陽館二階です。  相当によい演奏ができたと思います。高度で緻密な演奏になっています。  曲は「正しい長さ」(R…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《ニールセンさんとよい時間を》

 昨日はニールセンさんととても好い時間をすごした。瀬田駅に迎えにいって、それからシュテルンクランクのスタジオで。何が一番よかったか? われわれIMEの仲間と一緒に演奏したシュトックハウゼン『七つの日より』から「上に向かって」 (Aufwärts, Upward)。これをやろうと言い出したのは彼だった。---その演奏が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《カールハインツ・シュトックハウゼンの「無限に」》

 カールハインツ・シュトックハウゼンの「無限に」(op.26 『七つの日より(Aus den sieben Tagen)』より)のわたしたち直観音楽アンサンブルの演奏(終わりの約5分)をはじめて公開しました。2010年の京都造形芸術大学陽陽館での演奏です。  ご一聴いただければ幸いです。 KARLHEINZ STOCKH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《M氏への手紙》

 ご無沙汰しております。  私ども、このほどやっとCDを出すことが出来ました。貴方からアドバイスをいただいてから5、6年以上経っているのではないかと思います。遅くなりましたがこの日々も決して無駄ではなかったと思います。まずはひとに聴いていただくことの出来る、シュトックハウゼンの直観音楽の演奏が録音できていると思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五月二十日 雨

 5月18日はIME(直観音楽アンサンブル)で奈良の”sample white room”というライブハウスで演奏をして、これはなかなかよい演奏ができたのだが、それは写真がない。中川裕貴君たちがアレンジしてくれたもの。終った後、他の参加グループ(みな、すごくまじめ)などとわりと親密に話せた。遠いのでなかなか一緒にはできないのが残念。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カール・ニールセンさんを迎えて演奏会をした

写真:左から寺村、ニールセン、中路、中川、若尾 昨日7月8日、デンマークからカール・ニールセン(Carl Nielsen)さんを迎えてIME(直観音楽アンサンブル)で直観音楽の演奏会をした。曲目は、シュトックハウゼンの「夜の音楽」、Ivan Vinczeの「インパルス」、そしてピアニッシモ・バージョンでシュトックハウゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松平敬さんからレスポンスをいただいた シュトックハウゼン「正しい長さ」Richtige Dauern

 松平敬さんからレスポンスをいただいた。2008年1月27日の、わたしたち「IME」の、シュトックハウゼンの「正しい長さ」"Richtige Dauern"の演奏のことだ。 今日(1月30日)、夜、休息の眠りから覚めてメールを見ると、松平敬さんからメールが着ていた。29日にお送りしたCD-Rの感想を書いてくれたものだ。嬉しく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちがこれからも直観音楽を続ける理由

あのシュトックハウゼンの『短波』が示した最高の歓びが、また達成され、繰返されるものであることを示したい。 これがわたしたちがこれからも直観音楽を続けてゆく理由です。 賛同してくれる人を求めます。  中路正恒
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more