テーマ:シューマン

An Schumanns letztem Gesang.

An Schumanns letztem Gesang. Was soll ich sehen, Wenn mir so kurze Morgenröte gegeben Im Leben? Schumann op.133 https://youtu.be/kHaIYU9axqg Jean …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ブラームスのDem dunkeln Schoss der heilgen Erde》

 この曲がシューマン最晩年の『早朝の歌』作品133-1の旋律にかかわりながら作られていること。この曲に込められたブラームスの祈願の本質は何なのだろう。「種撒く人」の主題になぞらえているが。わたしにはあるストーリーが浮かんでくる。  歌詞は以下だ。 Dem dunkeln Schoß der heilgen Erd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《シューマン革命》

ホリガーのシューマンのオーボエ曲は、このブレンデルのピアノ伴奏のもの(1980年)とアントン・ケルニャックピアノ伴奏の《灰の音楽》(2014年)のものとの二つある。私は後者の方がはるかに良いと思っている。何回か聴くとわかるのだが、ブレンデルは曲を「陽」にむかうものとしてしか構成できない(まるでベートーヴェンのように)。だが、晩年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《ロベルト・シューマンの風景》

 シューマンの風景が最近急に変わりつつあるように思う。演奏で言えば、アンデルシェフスキの《早朝の歌》op.133、イッサーリスの《チェロ協奏曲》op.129、ホリガー解釈の《早朝の歌》、《カノン形式による6つの小品》op.56、《3つのロマンス》op.94、ケルニャック&ロイツィンガー《ヴァイオリンソナタ第1番》…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《ヘルダーリンとシューマン》

 ロベルト・シューマンの曲と同名の《早朝の歌》という曲の第一曲で、ハインツ・ホリガーはシューマンの《早朝の歌》(op.133)の第一曲にヘルダーリンの最晩年(1843年)の「春」の詩を重ねて歌わせ、ひとつの驚くべき音楽世界を作っている。シューマンのその曲はあたかも日の出の時の荘厳さを音楽にしたような曲だが、しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《スカルラッティ》

 スカルラッティはいつでも知性を取り戻させてくれる。そんな音楽家は他にない。「いやらしく知性を掻き立てる」と評する人もいるかもしれないが。ヘルダーリンの『ヒュペーリオン』や晩年のシューマンの幽明の境の世界に限界的な想像力で入り込んでいると、時にスカルラッティがとてもありがたくなる。もっともわたしが知っているのはスコット・ロスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《シューマン》

 音の響きを確かめたくて、そしてできるならシューマンのこころを探りたくて、何十年ぶりかにピアノを開けた。郡山で子どもたちのために買ったピアノだが、子どもたちも触らなくなって久しい。  弾きたかったのは《早朝の歌》Op.133。シューマン自身が出版した最後の曲だという。そして、わたしの感じでは、早朝の霧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《シューマンのチェロ・コンチェルト、OP.129》

Steven Isserlis - Schumann Cello Concerto Op. 129 Complete https://youtu.be/7tm45E8kOR0  ドゥルーズ(とガタリ)は「リトルネロ」の章ないしは地層を”シューマン”の語で終える。彼(ら)が念頭に置いているのは《チェロ・コンチェルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》

《アンデルシェフスキのシューマン《早朝の歌》終曲讃》  アンデルシェフスキの演奏は多種多様な流れのリズムをつかみ取って複合させ、また移行させていっている。霧の流れのリズム、木の葉の細かく震えるリズム、太陽が東の空に近づいてくるリズム、水面のさざ波のリズム、そして木々の梢から雫の引いてゆくリズム、などである。この多様なリズム…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

《アンデルシェフスキのバッハとシューマン》

 このパルティータ1番も穏やかさの中に鋭さ激しさ暖かさのある緻密で真っ直ぐな演奏で音色も美しくすばらしいと思うが、アンコールにシューマンの《早朝の歌》(Gesäenge der Frühe)の終曲が、さりげなく弾かれて、それがさらにすばらしい。シューマン晩年のこんな難解な曲がこんなに自然に聴けるのは奇跡的なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《シューマン: 懺悔、というよりは悔過》

 東大寺二月堂の修二会の悔過(けか)作法のなかでも五体人と呼ばれるひとりの僧が礼堂の五体板に全身を膝から打ち付ける五体投地の行は、わたしにとっては、最も激しく、力強い悔過の行為のひとつだ。そのことを、この行為を近くで体験したひとは、納得してくれるだろう。  だが、ここでわたしが言いたいのは、もっと違った悔過もあるだろう、という…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

《旋律 ---ロベルト・シューマンに寄す---》

(写真はオルタのモンテサクロ)  ロベルト・シューマンのop.14、「オーケストラなしのコンチェルト」(ピアノソナタ第3番)の終楽章を聴いていて思うのだが、ある旋律の発見が解決になる、救済になる、という苦闘の経験を作曲家は持つことがあるのではないか? わたしたちはあまりにもメロディーに慣れ過ぎていて、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵瞑想 ロベルト・シューマン

黙ふかく地中に時のあるごとく重く流れてたましひに逢ふ  九月二十三日と二十五日、札幌のある喫茶店のカウンターの暗がりの中、ひとり精神を迷走させ、あるいは瞑想をしていて、到りついたのはこういうことではなかったか。時を遡る力が、ようやく、身についてきたようだ。シューマンの音楽が語っている何かだ。交響的練習曲のような若書きの曲に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more