テーマ:原発事故

《船引に 2011年10月22日》

船引の民画家、故渡辺俊明氏の邸宅《蓮笑庵》の裏にある小山  船引(福島県田村市)に行った。縁があってのことだ。何か復興に役立てることはないか、何が復興可能かということを見て調べて知って考えたかった。放射能測定器も直前に手に入れて行ったが、それはかなり精度の悪いものだった。船引は山に囲まれていて福島原発には30km程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府・福島県人を…動画(共有)

日本政府は同胞である福島県人を見殺しにする証拠の動画(共有) http://youtu.be/3yFIPwIIVSM 回答しているのが政府のどういう組織なのか、この集会の背景も明示して欲しいところ。 だがそもそも政府は、こういう市民向け集会を開く時は、市民の本質的な質問に答えられるよう、然るべき職務にある人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェルノブイリ 連鎖爆発阻止の闘い(1_7).wmv(共有)

チェルノブイリ 連鎖爆発阻止の闘い(1_7).wmv まだご覧になったことのない方は是非ご覧ください。 この頃わたしは郡山の大学に赴任したばかりで、大接近しつつあるハレー彗星を見たいし、子供たちにも見せたいと思って、何度か吾妻山の浄土平に行ったものだった。 そして藤井旭さんたちのグループの「チロの望遠鏡」でハレー彗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分かりやすい 「動画で見る炉心溶融」 (共有)

 独立行政法人・原子力安全基盤機構が事故前に、原子力防災専門官向け資料として作成していた、炉心溶融のシミュレーション画像だそうです。  たいへん分かりやすい。  事故・配管破断→制御棒装着成功→冷却水喪失→メルトダウン→メルトスルー→メルトアウト  (想定される福島第一原発の事故経過とそっくりです) http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京大原子炉小出裕章先生の福島第一原発事故についての説明(4/18~4/21)

 こういう説明を聞いて、みなが原発事故について理解を持っていて欲しい。 4/21 3/25,3/26の東電のCl-38検出発表の4/20の訂正について:「スペクトラムを見せてもらえれば直ちにわかることなのに」。 1950年代~80年代、イギリスのセラフィールドで計画的な汚染水放出の経歴:「汚染水を薄めるのが最悪」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年3月12日の比叡山

このとき、これが比叡山の見納め、撮り納めになるかもしれないと思った。 その後、格納容器が無事だったことを知ったが(福島原発)。 今日、そして昨日をいつまでも忘れないでおきたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more