テーマ:市原

雨後の市原

午前中雨が降っていた。それで山々がくっきりと、色あざやかに、鮮明に見えた。午後は良い天気だったのだ。山々からは筋をなして霧が立ち昇っていた。 それで、諸用をすませて、三時過ぎ、市原のあたりの草木の色合いを見たいと思った。そして出かけたのだが…。 着いた頃には、空はすっかりと雲になっていた。となると、もう見るものはほとんどない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の市原(3)

 昨日までほとんど外にも出られず、採点の仕事などをしていた。今日はそれで少しだけ出る時間を作った。雪。それも、近年ないほどの。あの原っぱの草たちが気になった。  雑草たちはシャープで美しい姿をしていた。  こうして雪見などをするのは、暖かい国の人間だと、雪国の人は言うだろうか。雪国ならばもっと違う感じ方をしているのだろう。き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の市原(1)

 はじめの五枚。積る雪の地面の上に、雑草たちはくっきりと、シャープな姿を示していた。雪の中に立ったまま生きているものたち。  何もわたしを待っていてくれたわけではないが、しっかりと生きつづけていた。ある励ましをわたしは受け取る。  (Canon G12で撮影) No.1 No.2 No.3 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この美よ写れと祈りながら

 フィルムカメラではそういうこともあるが、ポケット・デジカメでそんな風にシャッターを押したのは初めてだ。「この美よ写れ!」と祈りながら。  「美」といったらよいのか、むしろ「光景」といった方がオーバーでなくよいのだが、ともかくシャッターのその一押しが、わたしのいのちの一瞬に他ならないのだ。この喜びがわたしの最高の喜びなのだから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桐の花

藤の花と色もよく似ていて、咲く季節も近いので、見過ごすこともある。二三日前に妻に桐の花のことを言われて、ふと思うことがあった。あの、道路の北側に新しく咲いていた藤色の花は、もしかしたら桐の花だったのではないかと。 昨日雨が少し収まったときに、車で行ってみた。ああ、やはり桐だった。上に向かって伸びて、細くなってゆく花。そんな花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風によろこび、陽射しによろこぶ 写真 5月21日

風が吹くとうれしそうにする。日が射すとうれしそうにする。これがわたしの気のせいなのかわたしは知らない。 ただその表情をとらえてみたい、と思うだけだ。 この写真も5月21日撮影のもの。この木々の、どこかうれしそうな表情を写したいと思った。 わたしにとって木々のよろこびと思えるその形を捉えられればそれで十分だ。 そのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔓草は巻く 写真 5月21日

この日も蔓草に関心を奪われた。何でこんなものにまで巻き付くのか、という思いが多々。蔓草が蔓草に巻きついてたりするのだ。それがそのまま藤の枝になったとすれば、確かに丈夫なものになるだろう。盲目にみえて盲目ではないのかもしれない。だがまた草に巻きつくにしても、茎ではなく葉に巻きつくことも少なくない。ほとんど考えるところなく巻きついてゆく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180mmレンズ マミヤファンになる

この写真4枚はマミヤの180mmレンズで撮ったもの。「MAMIYA-SEKOR C 1:4.5 f=180mm」というレンズだ。実はこの描写に驚いてしまったのだ。スキャンした画像ではよくわからないが、十分にシャープで、そして緑の色合いがとても美しい。180mmレンズがどのくらいの画角になり、どのくらいまで接近して撮れるかを調べるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 5月20日 ツルと莖

久しぶりに市原に行った。といっても数日ぶりのことだが。空は薄曇り。 まず目立ったのは歩道わきの草が伸びていることだった。茎がずいぶん伸びていた。それを撮ろうと思ったのだが、構えているとどうにもそれに絡まる蔓草が目に付いてくる。こんな小さな草にも絡みつく。これってちょっと犯罪的じゃないだろうか。 雲は、一瞬少し薄くなったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真 5月15日 赤みを探す(2)

同じく5月15日の写真。二枚。その草の葉と対するべきただひとつの角度のことを強く感じたのはこの二枚目の写真だった。一枚目の葉はこの強い赤紫色がこころを引いた。こういう強い色には、その理由があるのだろう。それが何かは、まだわからない。この色もまたその生存戦略にかかわっているのだろうけれど。 これを撮影したマミヤのレンズ、すばらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【写真】 2010年4月8日 静市市原 (京都市左京区) その1

 そこには春の陽射しがあった。  まぎれもない春があった。  写真を撮った。  その写真を何枚か。 (Mamya645, 150mm 70mm, Fuji RDPIII) 辺りにひとところだけ桜があった。多分人家の庭のもの。 No.1 他はあたりの土手や草ばかり。そこに来る春の陽射しを撮った。 N…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more