テーマ:『ツァラトゥストラ』を読む

《アルプ・シュレイの近くに 『ツァラトゥストラ』第四部「求めてなった乞食」》

 『ツァラトゥストラはこう言った』第四部に「求めてなった乞食」(Der freiwillige Bettler)という章がある。その中に、これまで誰も注意したことのある人を知らないが、次の文章がある。まず氷上英廣の日本語訳で示そう。 >しかし、それにもかまわず山道を行き、登ったり、くだったり、時には緑の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《『ツァラトゥストラ』の中の「最も孤独な放浪」について 発表要旨》

 標記のものの400×400のものをアップロードします。後日日本宗教学会のHPで「発表要旨」として公開されるものの原稿です。ニーチェの問題に深い関心のある方にいち早くご覧いただけるようにとの配慮です。ご意見などいただければ幸いです。 ============ 《『ツァラトゥストラ』の中の「最も孤独な放浪」について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《『ツァラトゥストラ』の中の「わたしの最も孤独な放浪」について》

 標記のタイトルで日本宗教学会 第78回学術大会の会場(9月15日10:40から、第2部会)で「発表の要旨」として配布したテキストをここに再掲します。ご意見などいただければ幸いです。 『ツァラトゥストラ』の中の「わたしの最も孤独な放浪」について 中路正恒 京都造形芸術大学 日本宗教学会 第78回学術大会発表要旨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ニーチェの「哄笑」は誤訳である》

 ニーチェを読むにあたってわたしが最も大きな恩を受けているのは氷上英廣の仕事、とりわけ『ツァラトゥストラはこう言った』の日本語訳である。だがしかし彼が同書の第三部の扉で、「あなたがたのなかの誰が、崇高になって、しかも同時に哄笑することができるだろう?」と訳すとき、ここにはやはりついてゆけないものを感じるのである。ちなみにそこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

《Vita femina: 生は女である -–ニーチェを読む(2)》

 ニーチェの『喜ばしい知の技』(Die Fröhliche Wissenshaft)第四部339番のアフォリズムを一文ずつ原文と拙訳を交互に置いて紹介します。そう長くもない文章なのですが、内容は極めて深く言いにくいものに思えます。ほのめかして言うなら、この文章を引用しているジャック・デリダではなく、ピエール・クロソウスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《牧人の笑いとテレンス・スタンプの叫び 『ツァラトゥストラ』を読む5》

《牧人の笑いとテレンス・スタンプの叫び 『ツァラトゥストラ』を読む5》  『ツァラトゥストラ』第三部の「幻影と謎」の章はニーチェの思索表現にとって最も重要なテキストの一つだが、その頂点をなすのは牧人の笑いだ。まずはそのテキストを紹介しよう。 >  Meine Hand riss die Schlange und riss…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《神の死の体験: 『ツァラトゥストラ』を読む(4-2)承前》

 先にわれわれは『ツァラトゥストラ』第三部の「幻影と謎」の章で、「無底への落下」が語られているのを確認し、それが神の死の体験と考えられることを指摘した。これは今まで指摘されたことのない観点であった。われわれはここでさらにニーチェが「神の死」を語る代表的なテキストにおいて、ニーチェにおいて神の死が無底への落下として体験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《神の死の体験: 『ツァラトゥストラ』を読む(4)》

 『ツァラトゥストラはこう言った』第三部の「幻影と謎」の中にこういう表現がある。 >おお、ツァラトゥストラよ! 知恵の石よ、石弩(いしゆみ)の石よ、人びとの仰ぐ星の破壊者よ! あなたは、あなた自身をかくも高く投げた、---しかし投げられた石はすべて---落ちる! (氷上英廣訳、岩波文庫;一部変更、以下同) > “…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ツァラトゥストラとこびとの対決 『ツァラトゥストラ』を読む(3)》

 『ツァラトゥストラ』第三部2の「幻影と謎」の章は、ニーチェがもっとも強い決意をもって書いた一章だと思うが、言語と文章力の限界を超える試みがなされているように思う。いままで語られたことのないことが語られているのだ。だがこの章の読みかたをよく分かっていないひとがまだ多くいるように思う。ハイデガーもまだ十分ではないが(N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《『ツァラトゥストラ』を読む(1) 第三部から》

 『ツァラトゥストラ』第三部のここのところを訳してみよう。箇所は『ツァラトゥストラ』第三部1「Wanderer(放浪者)」の第二段落から。ツァラトゥストラが自分を放浪者」であり「山に登る者」であると自己規定するところからである。  テキストは以下: > Ich bin ein Wanderer und ein…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more